子宮筋腫は早期発見が大事|赤ちゃんのために元気な母体をキープ

女性

出産の準備について

女性

臨月とは出産が間近に迫っている期間の事で、この段階になったら具体的に出産準備を整える事が大切になります。出産を行なう病院との意思疎通を万全にしたり、出産本番にパニックにならないように心構えをする等があります。

子宮に関する病気と症状

女性はしっかりとチェックしましょう。子宮筋腫は誰でも発症する可能性があります。予防する為の方法を、こちらでチェックすることです。

症状はなぜ起こるのか

女性

女性に多い病気の中でもとりわけ注目されている子宮筋腫、この病気は子宮内膜によく似た組織が子宮筋層にできるものです。子宮内膜組織はその性質上、女性ホルモンの分泌によって増殖を繰り返します。本来の正常な場所にできる子宮内膜組織であれば、生理の際に自然と体外に排出されます。それが子宮筋腫の場合、それができないため時間の経過と共に大きくなってしまうのです。本来あるはずではない部分に余計な組織ができるので、その症状の進行によっては症状が顕著に現れるようになります。例えば、生理の際のひどい腹痛、過多月経などの症状です。特に過多月経の場合、それによって貧血症状も引き起こされることになるので、症状があまりにも深刻な場合にはできるだけ早く対処していく必要があります。

治療の方法とは

子宮筋腫の症状が軽い場合、その治療には低用量ピルが使用されていきます。低用量ピルと聞くと多くの人が避妊薬として使用するものと思われるかもしれませんが、実際のところはそうではありません。ピルは比較的多くの子宮トラブルの治療に用いられますし、女性ホルモンの分泌をより正確にコントロールすることができるため子宮筋腫の治療にも打ってつけです。子宮内膜組織を増殖させる女性ホルモンの量を制限させ、それ以上筋腫が大きくなるのを防ぐことができるのです。もちろん、低用量ピルはその効果を持続させるため服用を続けなければいけませんし、症状が深刻なようであればこの他の方法で治療を行っていく必要があります。ですが、あまりに深刻な状態でなければ投薬治療だけでも対処できるということだけはしっかりと押さえておきましょう。

妊娠中必要な栄養素

女性

妊婦に必要なカルシウムは乳製品や魚、野菜など、サプリメントから摂取できます。赤ちゃんの骨や肉を作るのに重要な栄養素です。妊娠高血圧症や骨粗しょう症を予防するためにも、妊婦のうちにカルシウムを適度に摂るようにしましょう。

安心して治療に挑む

女性

不妊治療は年々受ける人が増加しています。それにより診療科のあり方も変わり、一例として、京都には不妊治療専門のクリニックがあり、難しいケースでも入念なカウンセリングから高度治療成果を挙げています。また各自治体も助成金交付など、制度を厚くしているので、その仕組みを知り利用すれば安心を得られるでしょう。

おすすめ関連リンク集

  • 医療法人オーク会

    着床前診断について相談するならこちらへ。最新の機器を用いて丁寧にケアをしてくれるため高い信頼が寄せられています。
  • 葉酸サプリランキング

    効果のある葉酸サプリを購入したいのであれば、こちらを見てみましょう。ランキング上位のものなら高い効果を得ることが出来ます。